PDF資料の横へ書き込みスペースを追加【PDF編集】

今回は、教員向けの記事です。

PDFデータの右側にノートをつける方法の簡略版の紹介です。

前回記事はこちら↓

PDF資料とノートの一元化 Mac標準アプリAutomatorを使って – すうがくブログ | 授業準備

また、この記事ではノートアプリ「GoodNotes」の使用を前提としています。はじめての方は以下の記事をご覧いただくとよいと思います。

GoodNotesは授業準備に使える!

さて、ここから本題です…

上記事で紹介した方法はPCを使う点がネックでした。PCっていつでもどこでも使えるわけじゃないですからね。

そんなわけで、PDFの枚数がちょっとしかないときに、もっと気軽に、サクッと上と同等の作業ができないかなー、と日々考えていたのですが、その方法が見つかりましたのでまとめておきます。

iPadで、「PrinterPro」(¥840)というアプリを使うのです。

Printer Pro by Readdle

Printer Pro by Readdle

  • Readdle Inc.
  • 仕事効率化
  • ¥840

方法はとてもカンタンです。あらかじめ「PrinterPro」をiPadにインストールしておきましょう。

ノートアプリGoodNotesにPDFデータを入れ、データの一覧が見られる画面を開きます。(下写真はGoodNotesの画面です)

 :20180226185600p:plain

PDFデータに1枚おきに白紙のデータ(罫線入りでも方眼でも好きなパターンを選びましょう)を挿入します。

 :20180226185604p:plain

書き出しを選択し、「PrinterPro」へ出力します。

 :20180226185607p:plain

「PrinterPro」で、横向き、割付印刷の設定をしてPDFとして印刷(出力)です。

 :20180226185610p:plain

出力されたデータを再びGoodNotesに送り返します。

 :20180226185550p:plain

2枚のデータが1枚になりました。

 :20180226185554p:plain

これだけです!

すごーく直感的で簡単に操作できます。数枚のPDFに計算スペースをつける程度であればこの方法を使うとよいでしょう。

大量にある場合は以前紹介したPC(Mac)を使用する方法のほうがよいでしょう(再掲示)。

PDF資料とノートの一元化 Mac標準アプリAutomatorを使って – すうがくブログ | 授業準備

iPadによって、充実した勉強・授業準備ができる方が増えますように…

では。

(今回の内容は動画にもしています。よければご覧ください)


iPad単体でPDFに書き込みスペースつける