高校数学の学習指導要領の変遷【昭和の3改訂編】

戦後の学習指導要領がまとめられたアーカイブページを見つけました。

学習指導要領データベースインデックス

 

自分の研究用に、特徴と本文リンクをまとめておきます。どうしても横に広げて表示したほうが見やすいので、PCでの閲覧を想定しています。

 

学習指導要領は法的拘束力をもつようになった昭和33年を第1次として現在までに7つのバージョンがあります(第7次は発表されたばかりで実施はこれから)。

 

今回は昭和に発表された第1次〜第3次の高校数学の指導要領をまとめます。

 

平成の4改訂についてはこちら

高校数学の学習指導要領の変遷【平成の4改訂編】 – すうがくブログ

 

高校数学昭和の3改訂(第1次〜第3次)

改訂 科目 特徴など

第1次(小・中S33(1958年)、高S35)

リンク

数学1(5単位)

数学2A(4単位)

数学2B(5単位)

数学3(5単位)

応用数学(6単位)

6つの目標。

数学1で三角・指数・対数関数のグラフ

数学2Aは文系向け、2Bは理系向け

数学2Aは数値計算、確率統計、数列、微積

数学2Bは順列組合せ、数列、三角関数(ここで正弦定理・余弦定理)、ベクトル、二次曲線

理系生徒は数2B→数3と連続履修が基本

数学3は微積分と確率統計

 

応用数学は三角関数(正弦定理・余弦定理含む)、数値計算、二次曲線、ベクトル、数列、微分方程式、確率統計 (必要があれば)行列式、球面三角法、ラプラス変換

第2次(小S43(1968年)、中S44、高S45)

リンク

数学一般(4単位)

数学1(5単位)

数学2A(4単位)

数学2B(5単位)

数学3(5単位)

応用数学(6単位)

 目標が整理され「事象を数学的にとらえ,論理的に考え,統合的,発展的に考察し,処理する能力と態度を育成し,また,社会において数学の果たす役割について認識させる。」となった

 

数学一般

集合、順列組合せ、三角比、微分係数、統計

(論理)、(ベクトルと行列)、(線形計画)、(電子計算機)

※( )は選択

 

数学1は分野が次の4つに分かれている。

A代数・幾何

数と式(因数定理、複素数含む)、平面のベクトル、二次曲線

B解析

写像(合成、逆写像)、二次関数・分数関数・指数・対数・三角関数

C確率

順列組合せ、条件付き確率

D集合・論理

直積、対偶、必要十分条件

 

前改訂と同様、2Aが文系向け、2Bが理系向け。2Bを選択する生徒は3の履修を前提とする。

数学2A

A代数・幾何…行列

B解析…4次までの整関数の微積分

C確率…確率分布、統計的な推測

D計算機…電子計算機と流れ図

 

数学2B

A代数・幾何

平面幾何の公理的構成、空間のベクトル、行列(一次変換)、二項定理、数列

B解析…整関数の微積分

※1次変換では群の考えに触れてもよい

 

数学3

A解析

B確率統計…統計的な推測、検定

 

応用数学

ベクトルと行列、整関数の微積分、確率分布、(数列)、(三角関数)、(微積分)、(確率・統計)、(計算機と数値計算)、(OR)

※( )は選択

第3次(小・中S52(1977年)、高S53)

リンク

数学1(4単位)

数学2(3単位)

代数・幾何(3単位)

基礎解析(3単位)

微分積分(3単位)

確率・統計(3単位)

目標「数,式,関数及び図形に関する理解を深め,基礎的な知識の習得と基礎的な技能の習熟を図るとともに,事象の考察に当たってそれらを的確に活用する能力を伸ばす.」

↑他教科でもそうだが、「。」でなく「.」が使われている。

 

数学1

数と式(因数定理含む)、方程式、関数(二次関数・分数関数・無理関数)、三角比(正弦定理・余弦定理)、座標平面

 

下にある「代数・幾何」「基礎解析」「確率・統計」の3科目をうすーくまとめたものが数学2のようである。

数学2 

順列組合せ、確率統計、ベクトル、微分積分の考え、数列、指数・対数・三角関数、電子計算機と流れ図

 

代数・幾何

二次曲線、ベクトル、行列

 

基礎解析

数列、指数・対数・三角関数、微分積分の考え

 

微分積分…ほぼ現在の数3に相当。

 

確率・統計…資料の整理、場合の数(二項定理も)、確率分布(期待値も)、推測や検定

 

(いくらかメモ)

・第1次・第2次のバージョンは三角比・三角関数の扱いが現在と大きく異なりますね。現在だと数学1で正弦定理・余弦定理などを扱う三角比をやったあと数学2で三角関数となるわけですが、第2次改訂以前ですと、まず三角関数のグラフを1年生でやって、理系の生徒のみ2年生で正弦定理・余弦定理を扱うという形です(第2次改訂では正弦定理・余弦定理が見当たらないが削除されたのか?)。関数としての取り扱いが先であったのですね。

 ・期待値は第3次改訂から導入されたもので第2次以前にはない。

・数学1にベクトルが入っているのは第2次のいわゆる”教育の現代化”の際のときだけ。高校1年生にベクトルやってた時代もあるのかとしみじみ。

 

 平成の改訂はこちら。

高校数学の学習指導要領の変遷【平成の4改訂編】 – すうがくブログ | 授業準備

 

平成の4改訂(第4次〜第7次)

第4次(H1(1989年))

第5次(小・中H10(1998年)、高校はH11)

第6次(小・中H20(2008年)、高校はH21)

第7次(小・中H29(2017年)、高校はH30)